目隠しをした女性と上半身裸の男性

男性が喜ぶサービスを女性が考えると言うことは至難の業です。

なぜなら男性のことは男性にしかわからないため、女性がどうこう考えたってうまくいかないところが多いのです。では、風俗のお店ではどのようにして男性にサービスを提供していくのでしょう。

蓄積されたノウハウ

風俗のお店は何も考えずに営業しているというわけではありません。女性を男性の元につかせておけば、男性が喜んでもらえるというわけではありません。

それゆえ、風俗のお店も様々な男性が喜ぶであろう最大公約数的テクニックをマニュアルとしています。実際に働くと言うときでも、ノウハウがあれば問題ないのです。

自らのトライアンドエラー

マニュアルに従ってサービスをしたとしても、男性がちょっと物足りないような顔をすることがあります。もちろんお金は支払ってもらえるのですが、気が引けてしまいますね。

自らのトライアンドエラーを何度も繰り返してみましょう。

考える必要は特にない

求人には大抵「当店ではきちんと研修が用意されています」と書かれていますから、自分で何か技術を生み出さなければならないのだろうかという悩みを頭の中で考える必要など有りません。

仕事をする前に動画を見たりして研修することになりますから、考える必要などはありません。ただ、トライアンドエラーの部分については先輩の風俗嬢に聞いてみたりインターネットで検索してみたりして技術を高めていくとよいでしょう。

仕事を続けてみよう

男性になかなか喜んでもらえず、仕事の醍醐味が感じられないと言うときもあるでしょう。そういうときにでも仕事を続けていくとよいでしょう。

生理的にこの仕事は無理だと思わなければ大抵長続きしますよ。